通販型自動車保険の車両保険の免責について

通販型自動車保険のCMや広告などで、自動車保険料の見積料金例として車両保険込みの保険料を提示している場合がありますが、車両保険の免責金額に注意する必要があります。

大手損保の車両保険の場合、キズなどの軽微な事故(分損)でも修理代が出るように車両保険の免責金額をゼロに設定できますが、通販型自動車保険の場合、例えば初回免責金額が5万円、2回目以降は10万円などとなっている場合もありますので、「車両保険込みでこんなに安い」と早合点せず、免責金額を確かめる必要があります。
全損の場合は通販型自動車保険も免責金額はほとんどの場合ゼロです。

軽微な事故を補償の対象外にすることで、通販型自動車保険の保険料が安くなるっている側面があるからです。保険料は安いですが、キズやヘコミなど数万円の軽微な事故の修理代は自分で負担しなければならない可能性があります。
※車両保険の申し込みで免責特約を付けることにより分損でも免責金額をゼロで契約できますがその分保険料が高くなります。

代理店型含め最大17社の自動車保険を一括無料見積もり

一回の情報入力で最大17社の自動車保険会社の見積もり・比較ができます。自動車保険会社は、アクサダイレクト・アメリカンホームダイレクト・イーデザイン損保・AIU保険・SBI損保・ソニー損保・チューリッヒ・三井ダイレクト・あいおい損保・共栄火災・セコム保険・ゼネラリ・そんぽ24・東京海上日動・日本興亜火災・富士火災・三井住友海上。
情報入力は約5〜10分で済みます。
はじめて自動車保険へ加入される方は「車検証」を、現在自動車保険へ加入されている方は「車検証」「保険証券」をお手元に準備してお見積もり下さい。

お見積もりはこちら

自動車保険一括見積もり申し込み

より通販型自動車保険会社に絞って10社一括無料見積もり

一回の情報入力で最大10社の自動車保険会社の見積もり・比較ができます。自動車保険会社は、より通販型自動車保険会社に絞って、アクサダイレクト・アメリカンホームダイレクト・ソニー損保・チューリッヒ・三井ダイレクト・SBI損保・イーデザイン損保・ゼネラリ・そんぽ24・富士火災。
情報入力は約5〜10分で済みます。
はじめて自動車保険へ加入される方は「車検証」を、現在自動車保険へ加入されている方は「車検証」「保険証券」をお手元に準備してお見積もり下さい。

お見積もりはこちら

自動車保険一括見積り


 
ページのトップへ▲