SBI損保の自動車保険

SBI損保の自動車保険は、年間の走行距離に関係ない保険料体系となっているので、走行距離が長い方も保険料が安くなる自動車保険となっています。もちろん走行距離が短い人も。オリコンの自動車保険顧客満足度ランキングで、保険料と付帯サービスの部門で第一位を獲得してる他、各社の自動車保険料金に関するランキングで1位を獲得しています。

【年間走行距離比較的長い人も含め保険料を安くしたい人・ロードサービスの充実度を重視する人にお薦め】

●走行距離に関係のない保険料体系

三井ダイレクトと同じくSBI損保の自動車保険の保険料も、年間走行距離に関係のない保険料体系となっていて、走行距離が短い人はもとより走行距離の長い人も安い保険料となっています。保険料を安くしたい人には高い評価を得ている自動車保険です。

【各社保険料が安いランキングで1位を獲得】
・オリコン自動車保険顧客満足度「保険料部門」2年連続1位
・週刊ダイヤモンド「自動車保険料ランキング」2年連続1位
・楽天自動車保険人気ランキング13ヶ月連続1位
・価格.com自動車保険満足度ランキング「保険料に関する満足度」2年連続1位

●補償内容をスリム化してさらに安く
SBI損保の自動車保険のチョイスの仕方として、事前に用意されている3つの補償プラン「しっかりチョイス」「ベーシックチョイス」「スリムチョイス」があります。「スリムチョイス」は車両保険を限定し、事故・故障時の帰宅費用サービスや宿泊費用サービスを省くことによりより安い保険料とすることができます。

●評価が高い充実のロードサービス
ロードサービスの内容はチューリッヒに次ぐ充実度。だがオリコンの顧客満足度付帯サービスランキングではSBI損保が第一位となっている。対応の早さや保険料の安さに関わらず内容の充実度が評価されている。



SBI損保自動車保険のサービスや割引制度

ロードサービス サービス拠点・・・7000ヶ所
お客様希望の修理工場へけん引・・・50kmまで無料
指定の修理工場へけん引・・・距離制限なし無料
車両保険免責

免責金額のパターンを選択でき、何回事故があっても負担金額が変わらない「定額方式」と2回目以降の事故の負担金額が1回目の事故の負担金額よりも高くなる「増額方式」の2種類があります。
・定額方式 - 10万円。
・ 増額方式 - 1回目:0万円 2回目:10万円、1回目:5万円 2回目:10万円、1回目:5万円(車対車0円) 2回目:10万円。

全損は免責金額無し。
分損の場合は、損害額から免責金額(自己負担金額)を差し引いた金額をお支払い

セカンドカー割引 2台目以降のお車を新たに取得され、はじめて自動車保険をお申し込みいただく場合、設定されている条件をすべて満たすときには、セカンドカー割引が適用され、7等級が適用されます。
各種割引

・インターネット申し込み割引最大6000円(証券不発行割引500円含む)
・新車割引=保険始期日が、新車登録後(初度登録後)25ヵ月以内の場合は、保険料を最大9%割引
・ABS割引
・エアーバッグ割引
・安全ボディ割引
・横滑り防止装置割引
・盗難防止装置割引



SBI損保を含め通販型自動車保険を主に最大10社一括無料見積もり>>

SBI損保と代理店型自動車保険も含め最大17社一括無料見積もり >>

ページのトップへ▲